Lovealeラブエルの手作り石けん   ■デリケートケアの悩み   ■デリケートゾーン新習慣   ■Loveale店舗概要   ■よくある質問
ママ必見!顔や全身、赤ちゃんにも使える無添加デリケートゾーン専用石鹸 『ラヴエルデリケートケアソープ MAMA』Lovealeサイト限定で販売

 

Lovealeラヴエルとは

なぜ液体石鹸ではなく、固体石鹸?

なぜ液体石鹸ではなく、

固体の石鹸を作られたのでしょうか?ついて

ーーーーーーーーーーーーーーーー


ラヴエルの良さは、コールドプロセス製法で作った、

手作り無添加の自然派石鹸という点です。


液体石鹸はパラベン等の防腐剤が必要ですが、

弊社の石鹸は無添加のこだわりがあるので、

防腐剤を使わない固形石鹸を選んでいます。


他社の固形石鹸で防腐剤を入れているメーカーはありますので、

固形石鹸の全てが防腐剤を使わないというわけではありません。



有効成分を壊さずにについては、固形石鹸の製造方法で

コールドプロセス製法を採用したことによるメリットです。


有効成分は熱で壊れることがあるので、手間はかかりますが

コールドプロセス製法を採用することで、

余分な熱を加えずに作っています。




製造メーカーの見解です。


液体石鹸と固形石鹸の違いについて

 

液体石鹸は「脂肪酸カリウム」

固形石鹸は「脂肪酸ナトリウム」でできています。

それぞれ長所短所があるので、

どちらがより優れているとは言えません。

違いをあげるとしたら以下のとおりです。

 

1.肌への刺激

液体石鹸も固体石鹸も、肌への刺激性はそれほど

高くはありません。あえて言うなら固体石鹸(脂肪酸ナトリウム)

のほうがやや低刺激といえます。


ですが、原料油脂や配合成分によっても使用感は

大きく変わるので、固形か液体かという比較は難しいです。


 

2.洗浄力

脂肪酸ナトリウム(固形石鹸)のほうが優れています。

液体石鹸は純石鹸分(脂肪酸カリウム)の割合が

製品全体の30くらいしかないので石鹸分が少なく、

その分、洗浄力を補うため合成界面活性剤を配合し

洗浄力を補っています。


液体石鹸の純石鹸分が少ないのは、石鹸分を増やすと

固まってしまうからです。



 

3.使用時の違い

溶かす手間が少なくてすむ分、液体石鹸のほうが手軽です。



 

4.製品の痛みやすさ

液体石鹸は製品の7割ぐらいが水分なので固形石鹸に比べ

品質が劣化しやすいです。

そのため液体石鹸には長期間安定的に品質を保つため防腐剤等を

加える必要があります。



ーーーーーーーーーーーーーー

そんな検討の結果


「本格的かつ徹底した無添加へのこだわり」と
コールドプロセス製法(固形石けんにしかできない製法)の起用」を追求した結果、固形石鹸としてLovealeラヴエルを作ったのです。




代表&店長Lovealeブログ

ラヴエル デリケートケア ソープ MAMA

こんにちは!店長のRIKAです。
雑誌に続々掲載されてます!
@コスメでも口コミが集まってきました!
ありがとうございます!

LAやNYの情報やお得情報をFBやブログでアップしています!ぜひご覧ください☆

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • お休み

平日9時~18時まで営業しています。
土日祝日はお休みです。

平日9時までのご注文で即日発送いたします。

電話が混んでいる場合が多いので
メールでのお問い合わせが確実です。
メール shopmaster@loveale.ln.shopserve.jp まで
ご質問、お問い合わせ何なりとご連絡下さいませ。

Facebookページ

twitter

QR

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ